パミール屋根の塗装問題とは?適切なメンテナンス方法もご紹介!

茅野市にある外壁塗装、屋根塗装会社ならハウスデコレーション

0266-73-9430
090-5390-9059

〒391-0011

営業時間:9:00~20:00

lv

パミール屋根の塗装問題とは?適切なメンテナンス方法もご紹介!

お知らせ

2024/06/03 パミール屋根の塗装問題とは?適切なメンテナンス方法もご紹介!

家を大切に思う家主の皆さん、日々の暮らしの中で屋根の状態を気にされていることでしょう。
今回は、パミール屋根の特性とそのメンテナンス方法に焦点を当てて、長期的な住宅保全について解説します。
パミール屋根のメンテナンスでお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

□パミール屋根の劣化と特性の理解

パミール屋根材は、その独特な製造方法により特有の問題点を抱えています。
製造過程で用いられる抄造法により、層間に水分が浸透しやすくなるため、屋根材の層間剥離が頻繁に発生することが知られています。

この剥離現象は、屋根の保護機能に重大な影響を及ぼし、長期的な耐久性の低下を招く可能性があります。
以下にパミール屋根の主要な問題点とその影響について詳細に述べます。

1:層間剥離

パミール屋根材の層間剥離は、抄造法により屋根材が多層に重ねられる製造過程で生じます。
各層は本来、互いに結合して防水性を高める役割を持つべきですが、水分が浸入しやすい構造となっており、これが進行すると屋根材自体が剥がれやすくなります。

剥がれた部分からは白い素地が露出し、その結果、本来の防水機能が完全に機能しなくなり、内部への水の浸入を許してしまいます。
これにより、屋根全体の損傷が拡大し、修繤が必要となるケースが増えています。

2:釘の腐食

また、パミール屋根に用いられる釘の腐食も重大な問題です。
特に耐食性に欠ける釘が使用されると、錆びやすくなり、強風や台風といった悪天候時に屋根材が飛ばされる原因となります。

この結果、屋根材が隣家に飛散し、外壁や建具を損傷する事態に至ることもあります。
実際に過去には耐食性を向上させたラスパート釘を使用していても、めっき層が不足している釘が混入していることがあり、予期せぬ屋根材の落下が発生し、大きな損害をもたらすことがありました。

24439919_s-1

□パミール屋根の最適なメンテナンス方法

パミール屋根のメンテナンスには、主に「葺き替え」と「カバー工法」の2種類があります。
それぞれの方法とその適用条件を見ていきましょう。

1:葺き替え

劣化が進んだパミール屋根に対して、新しい屋根材で葺き替える方法です。
この方法は完全な修復が可能ですが、コストがかかるというデメリットがあります。
使用される屋根材には、瓦、カラーベスト、ガルバリウム鋼板などがあります。

2:カバー工法

カバー工法は、既存のパミール屋根の上から新しい屋根材をかぶせる方法です。
こちらは、既存の屋根を撤去する必要がないため、コストを抑えられるというメリットがあります。
ただし、屋根の劣化が激しい場合には適用できない場合もあります。

23554335_s-2

□まとめ

今回はパミール屋根の特性とメンテナンス方法についてご紹介しました。
屋根は家を守る大切な要素であるため、定期的なメンテナンスと適切な対策を行うことが長期的な住宅保全につながります。
お住まいのパミール屋根の現状を確認し、必要に応じて専門家に相談することをおすすめします。

当社では外壁診断士による現場環境にあった塗料の選択、一級塗装技能士による徹底した施工をいたします。
屋根塗装を検討されている方はぜひ当社までお問い合わせください。

 

 

無料診断・問合せはこちらから

資料請求はこちら
===========================

ハウスデコレーション
電話番号/0266-73-9430
住所/長野県茅野市玉川5229-8

TOP